全国商工会青年部連合会

商工会青年部 公式アプリ

公式サイトと連動し全国商工会青年部連合会や都道府県青年部連合会、各商工会青年部の各種事業に関する情報発信や先進的な事例の紹介を行います。 全国の商工会青年部事業所の検索をする事が出来ます。 災害支援ネットワークシステムによる効果的で迅速な被災地支援を行います。

ダウンロードはここから

  • Android OS 版
    ※Google Playstore 「商工会青年部」で検索しても表示されます。
  • iOS版(iPhone,iPad)
    ※App Storeで 「商工会青年部」で検索しても表示されます。

お使いの端末で起こった不具合、操作性へのご意見等は、各ストアのレビュー機能でお知らせください。

アプリ新規登録について

1.新規登録ボタンを押してください

画面1

2.都道府県から記入してください

画面2

3.送信ボタンを押してください

4.登録するボタンを押してください

画面3

5.登録後、アプリのTOPページに移動

画面4

パスワード忘れについて

1.左上のメニューボタンを押してください

画面1

2.メニューから「パスワードをお忘れの方」を選んでください

画面2

3.登録アドレスに新規パスワードを送付 送信後、旧パスワードが破棄されるため、新パスワードでのログインとなります。
ログイン後、任意で変更可能です。

画面3

Facebookアカウントでログインする

1.Facebookアカウントでログイン/新規登録ボタンを押してください

画面1

2.でログインボタンを押してください

画面2

3.OKボタンを押してください

画面3

4.新規登録をしてください。

画面4

公式アプリ各項目の説明

TOP画面

画面1

A.Facebookページに投稿するとアプリTOPページに 反映されます。

画面2

画面3

1.青年部宣言

画面1

2.誓いの言葉

画面2

3.商工会青年部の歌

画面3

再生後は停止ボタンを押すと止まります。

4.青年部規程

画面4

■青年部員情報検索

1.TOP画面から「青年部員情報検索」を選択

画面1

2.「青年部員情報検索」画面から@、Aを選択

画面2

3.@都道府県を選択
A選択県の所属商工会が表示

画面3

4.手順2.と3.を選択入力したら、検索ボタンを押してください。

画面4

5.検索結果が表示されます。

画面1

6.選択した住所の表示が可能です。

画面2

7.選択した番号にダイヤルが可能です。

画面3

■マッチングシステムと各LINK

TOP画面

画面1

1.災害支援マッチングシステム

画面2

2.交流視察マッチングシステム

画面3

災害支援マッチングシステム・交流視察マッチングシステムは、個人IDと別に商工会及び都道 府県連に投稿用IDを付与。個人IDで投稿はできません。

3.

画面1

4.

画面2

5.

画面2

■部員情報の変更

1.左上のメニューボタンを押してください

画面1

2.「部員情報の変更」を押してください

画面2

3.入力画面
@事業所名 A所属都道府県 B住所 C電話 D氏名 E役職 F所属商工会 G業種 Hメールアドレス Iパスワード

画面3

4.ご注意ください
※1:住所は都道府県名から入力すること。
※2:非公開時は左にスライド(グリーン⇒グレー)
※3:Aで選択した都道府県の商工会が表示されます。
※4:パスワード変更時のみ入力

■運用規約

1.左上のメニューボタンを押してください

画面1

2.「運用規約」を押してください

画面2

3.お読みください

画面3

災害支援対応マニュアル(アプリ版)

支援対応区分について

第1フェーズ

被災県内にて支援物資の対応
⇒県内災害マニュアルにて対応

第2フェーズ

被災県所属ブロックにて支援物資の対応
⇒青年部アプリでの支援対応

第3フェーズ

全国規模にて支援物資の対応
⇒青年部アプリでの支援対応

組織図及び対応手順

図

災害支援システム利用方法

@支援依頼の掲示

  • 新規スレッドの作成 (被災県青連会長が掲示)
  • タイトル(支援依頼対象の入力)
    →○○ブロック対象or全国対象
  • 要求内容(支援物資について入力)
    →タオル、飲料水、カイロなど
  • 連絡先 物資の連絡先、担当者

図

※1:このスレッドでの返信不可。支援依頼に関しては新規スレッドにおいて対応(下記参考)

災害支援システム利用方法

A支援対応内容の掲示

  • 新規スレッドの作成 (都道府県青連会長が掲示)
  • タイトル( 都道府県青連名の入力)
    →どの支援への内容か明確にする。
  • 物資内容( 支援物資について入力)
    →数量など明確に記載する。
  • 連絡先 (物資の連絡先、担当者)

図

※1:被災県より支援依頼のあった物資にのみ返信するものとする

※2:今後の返信〜物資の到着などは、掲示されたスレッドにて行うこと

災害支援システム利用方法

B支援対応内容への返信

  • スレッドへの返信(都道府県青連会長が返信)
  • タイトル(自動入力)
  • 返信内容(必要な物資について入力)
    →数量など明確に記載

図

災害支援システム利用方法

C物資支援の完了

(掲示への返信内容確認後)

  • 依頼のあった物資の送付準備
  • 支援物資送付の連絡(発送日または到着予定日)
  • 物資到着の報告 (到着物資の内容報告)
  • 掲示板の交渉成立をクリック
    ※支援物資が必要なくなった際は、当初掲示した スレッドも被災県青連会長が交渉成立をクリック

図

※1:支援依頼のスレッドは、支援物資の要求が不要になった時点で交渉成立をクリックし支援依頼の完了を行うこと。 完了後、この依頼に対しての掲示は行わないこと。

交流視察マッチングマニュアル(アプリ版)

交流について

提案

各部会単位での提案を行うものとする。

分類について

視察・イベントの2分類とする。

報告について

視察・イベントどちらについても実施後報告すること。
(提案側、受入側それぞれ報告書を作成)

交流マッチング利用手順

図

交流視察マッチングシステムの利用方法

@視察・イベント提案

  • 新規スレッドの作成(部長が掲示)
  • タイトル
    →(視察)○○商工会青年部
    →(イベント)○○商工会青年部
  • 内容(具体的に記載)
    →提案内容、希望日時、人数、設備、規模など
  • 連絡先(担当者・問合せ先)

※スレッド内容が不適切な場合及び1ヶ月程返信がないものに関しては適宜削除をします。

図

交流視察マッチングシステムの利用方法

A-1調整(受入側商工会青年部)

  • 新規スレッドの作成(部長が掲示)
  • タイトル(商工会青年部名の入力)
    △△商工会青年部→(視察)○○商工会青年部
    △△商工会青年部→(イベント)○○商工会青年部
  • 内容(具体的に記載)
    →対応内容、受入日時、受入可能人数、設備、交通事情など
  • 連絡先(担当者・問合せ先)

図

交流視察マッチングシステムの利用方法

A-2調整(提案側商工会青年部)

  • スレッドへの返信(部長が掲示)
  • タイトル(自動入力)
  • 返信内容(具体的に記載)
    →掲示内容との要望がマッチすれば調整後正式に申込を行う。
    →希望条件に合わない場合はミスマッチの旨記載を行う。
  • 連絡先(担当者・問合せ先)

図

交流視察マッチングシステムの利用方法

B受諾・要請

  • スレッドへの返信(部長が掲示)
  • タイトル(自動入力)
  • 内容(具体的に記載)
    →提案に対して受諾・要請内容を記載後、交渉成立を行う。
  • 連絡先(担当者・問合せ先)

※交渉成立後、提案側商工会青年部のスレッドにおいても交渉成立を行うこと。

図

交流視察マッチングシステムの利用方法

C交流実施報告

  • 実施報告書の作成(様式)
    ※提案側、受入側それぞれ報告書を作成
    →実施月の翌月末までに提出
  • 商工会が実施した場合
    →都道府県青連に提出
  • 都道府県青連が実施または報告を受領した場合
    →全青連に提出

図

交流視察マッチングの利用方法(活用事例)

例1:視察に行きたい

図

例2:視察に来てほしい

図

例3:イベントに参加したい

図

例4:イベントに参加してほしい

図

TOP