補助金について

先端材料(チタン)を使った装置・部品等のパンフレットとインターネットを使った販路拡大【持続化補助金】

茨城県 有限会社清和製作所

【施策・政策を活用した経緯】

チタンは研究用途によっては優れた特性を発揮するが、チタン加工や溶接といった技術は大変高度であり、まだまだ認知されていない素材である。このチタン製品を一般消費者等にアピールするために小規模事業者持続化補助金を活用した。弊社は“ものづくり補助金”の採択も受けており、つくば市助成金も含め様々な施策を利用させていただいている。
   

【主な活用内容、方法等】

持続化補助金ではチタン製の一般消費者向け製品を製作し、HPを活用してPRするとともに、展示会に出展する際のフライヤーやパンフレット作成した。これらをBtoB向けにも利用することで更なるPR効果をさせ、特に研究機関や企業関係者へPRし本業につなげる事を目指した。これらを通して弊社のチタン加工技術(放射化しにくいという特徴を持っている)を多くの方々に知っていただく一助とした。その前に利用した〝ものづくり補助金″では生産性の向上の為の工作機械(複合旋盤)を購入するために補助金を利用した。

【活用の成果】

チタン材を使った一般的な製品は非常に高価な物が多くなかなか販売数を伸ばすことは出来ないが技術力のPRに繋がり研究機関等への売り込みの材料になった。結果、チタンを使った研究用の装置の受注に繋がり、実験の結果がよくリピートの受注も頂いた。

【活用後の声】

チタンは様々な特性があり、今後はますます需要が増えてくる材料である。まだまだ、加工や溶接が非常に難しくコストがかかるためお客様からはコストダウンの要望が多い。今後は加工工程の見直しや切削速度の速い工作機械などの購入も検討し、コストダウンも視野に入れながらチタンを活かした製品の開発に取り組んでいきたいと思います。

事業所情報

青年部員名 根本 貴寸志
商工会名 茨城県 つくば市商工会
企業名 有限会社清和製作所
代表者名 根本 貴寸志
企業業種 製造業(省力化機械等)
設立年 昭和51年
従業員数 15人

関連記事