株式会社髙橋フルーツランド

【施策・政策を活用した経緯】

昭和58年に山形県上山市にて観光果樹園を創業。平成25年に株式会社髙橋フルーツランドに法人成り。
果実のもぎ取りとしてバスの団体客を積極的に誘客してきたが、景気後退、バス料金の上昇等から現在では団体のお客様は減少している。一方で、カフェ併設の果樹園ということで各メディアに取り上げられ、家族やカップルなど小グループのお客様が増加している。
しかしながら、弊社観光果樹園は、上山市内より車で30分弱かかるため、お客様には交通の不便をおかけしている状況があり、課題として認識していた。
そのような状況下で、「蔵王みはらしの丘」の主要道路にも面する農産物の直売所に、カフェ出店の打診があり、お客様の不便さを解決することと併せて、観光果樹園(本店)の贈答用果実の販売とカフェへの来店を促すアンテナショップとしてコンテナカフェを出店する際、経営革新計画及び持続化補助金を申請した。

   

 

【主な活用内容、方法等】

上山市蔵王みはらしの丘にある農産物の直売所ファーマーズマーケットトマトの駐車場内の一部を賃貸し、コンテナにおける新店舗を開店。
弊社独自工法で栽培した高付加価値のさくらんぼ、ラフランス、葡萄等の県産果実を活用した「季節のフルーツシェイク」、「季節のパフェ」をそれぞれ開発及び販売。
事業内容、資金繰り、実施時期等、経営革新計画を作成することで明確化した。又、持続化補助金によってコンテナの改装資金及びコンテナカフェPRのためパンフレットを作成することが出来た。

【活用の成果】

コンテナカフェによる売上及び客数について予想以上の成果を出すことが出来た。
更にコンテナカフェの評判が更なるブランド力を生み、山形駅ビルエスパルや他の商業施設への出店の打診を受けることが多くなった。

【活用後の声】

・コンテナカフェでは、夏期間は盛況だが、冬期間メニューが今後の課題として認識している。
・経営革新計画における事業計画の作成、持続化補助金によるコンテナカフェの一部改装資金も非常に役にたった。

事業所情報

青年部員名 髙橋 利洋
商工会名 山形県 上山市商工会
企業名 株式会社髙橋フルーツランド
代表者名 髙橋 真也
企業業種 観光農園
設立年 平成25年
従業員数 5人

株式会社ひたち

【施策・政策を活用した経緯】

(当社の課題)
(1)長年の匂いや汚れ等により、店舗のクリーニングが必要である。(短期的課題)
①トイレが男女共同であり、女性客から不評であることから男女別のトイレを設置。(平成26年12月実施済み)
②店舗壁、土間のクロス張替えにより、店舗を清潔にする。(平成26年12月実施済み)
③排気フードの入替えにより、服に匂いがつくのを最小限に抑え、同時に店舗内の清潔さを保つことができる。(平成26年12月実施済み)
当店では、平成26年より課題解決に取組んでおり、特に短期的課題として設定した店舗改装、調理場改装について実施した。店舗改装後は、お客様からの評判もよく、若年層の女性客が増加している。
(2)ふくしまDCをきっかけに初めて来店する観光客が増えているが、週末や休日等には開店と同時に満席となることが多く、十分なおもてなしが出来ない状況となっている。待ち時間が長時間となると他店に行くお客様が発生し、商品提供機会のロスとなっている。今回、行列解消対策に取り組むことにより顧客満足度を高め、結果として逸失利益の圧縮、客席回転数の改善を図り、売上増加につなげたいと考えている。(短期的課題)

 

 

【主な活用内容、方法等】

①調理場の改装により従業員の動線効率化を図り、調理時間及び注文から提供時間までの短縮を図る。(平成26年12月実施済み)
Ⅰ.平成24年に牛の生レバー提供が食品衛生法により規制されるなど、焼肉店にとって食中毒対策は重要な課題であり、調理場の衛生管理や設備入替などの対応に常時、取組んでいる。

②焼肉コンロは、設置から20年が経過しており、熱伝導が悪くなっており焼き時間が長くなっていることから入れ替えを図る。
Ⅰ.焼き時間の短縮により、客席回転数を高める。
Ⅱ.焼き時間の短縮により、注文品数の増加が見込まれ客単価の増加を図る。(平成26年12月に焼肉コンロ全7箇所の内、2箇所の入れ替えを実施。今回の補助事業で、残り5箇所の入れ替えを図る。)

(3)待ち時間を短縮するため、座席数増加を検討したが、隣席との間隔が狭くなりパーソナルスペースを考慮した結果、最大収容人数を30人に設定。長期的には、店舗の建て替え等により座席数の増加を図りたいと考えている。(長期的課題)

【活用の成果】

以前のコンロに比べ焼き時間が短くなっており、前年同月に比べて1席あたりの注文数が増えており客単価2,700円から3,000円に増加し売上高についても増加した。
・1席あたりの滞在時間が短くなり、客席回転率が向上し、新規の顧客が増加した。
・以前からのお客様については、焼き時間の短縮により注文数の増加がみられ、客単価が増加した。

【活用後の声】

・補助金申請により自社の事業計画書作成の機会となり、事業の見直しを図るきっかけとなった。
・事業計画書作成により自社内の意識向上が図られた。
・他の補助金や支援制度の活用について関心を持つようになった。

事業所情報

青年部員名 齋藤 唯人
商工会名 福島県 飯坂町商工会
企業名 株式会社ひたち
代表者名 齋藤 隆夫
企業業種 飲食業
設立年 昭和35年創業
従業員数 4人

岩木山養蜂

【施策・政策を活用した経緯】

北日本では珍しい移動(転地)養蜂業者で、国産自家採集ハチミツの生産販売を行っている。近年、国内のハチミツの供給は、中国を筆頭とした輸入に依存しており、国産ハチミツの生産量は輸入量の7%程度。また、価格的には輸入ハチミツには到底太刀打ちできない状況である。その一方で、昨今の産地偽装問題等で消費者が食品に求める「安心・安全」のニーズは高まっている。この好機を活かし、消費者に当社の国産ハチミツを食べていただくシステムを構築するため、小規模事業者持続化補助金を活用してはどうかとの提案を受けた。

 

 

【主な活用内容、方法等】

経営指導員より、販促ツールとなるパンフレットの構成には①当社で取扱う9種類のハチミツの特徴を図にしたポジショニング表②ポジショニング表と関連付けた食べ方③食べ方を具体的にしたレシピ。この3つを掲載してはどうかとの提案を受けた。レシピは当社のハチミツの特徴を活かすため料理研究家に依頼し、あわせてレシピを基にした料理教室を開催し、料理好きの方々にアプローチした。ポスター・SNSで告知し、30代女性を中心に親子連れを含む13名の方にご参加いただき、調理のポイントの他に各種ハチミツの説明や試食をしていただくことにより、新たなファンをつくることができました。

【活用の成果】

料理教室では、ハチミツを試食すると、花の種類によって味が大きく違うことに驚きの声があがっていた。また、パンフレットに掲載したポジショニング表の効果から、ハチミツを選べる楽しみが加わったと話し、商品のPR効果が図られた。現在も、料理教室参加者は、ご来店いただいている方がいらっしゃいますし、口コミ効果による新規客が増加しています。
・補助事業終了後の具体的成果(H27.12~H28.11)
売 上  前年比 約105%
顧客数  約105%

【活用後の声】

現在(報告当時)、青年部長2期目。毎月開催する青年部常任員会もあり、常に商工会は身近な存在である。
今回、品質には絶対の自信がある自社商品を、いかに消費者の皆様に食べていただくかを考えていたところ、経営指導員に声を掛けていただき、自社の強みを生かした消費シーンをイメージした販促企画を一緒に考えることができ、ひとつの目標に向かって共に歩むことができました。

事業所情報

青年部員名 三浦 喜代誠
商工会名 青森県 岩木山商工会
企業名 岩木山養蜂
代表者名 三浦 喜代誠
企業業種 食料品小売業
設立年 2014年(事業承継)
従業員数 2人

なわぞう株式会社

【施策・政策を活用した経緯】

造船業から輸入卸業にシフトするにあたり多くの課題を抱えているが、中でも既存の販路がない、知名度が低いといった弱みを補う目的で上記補助金を利用して、販売はもとより商品の紹介を兼ねたネットショップを立ち上げた。

 

 

【主な活用内容、方法等】

・ネットショップとはいえ、卸売りの販路も開拓したい目的もあることから、目玉商品については、それぞれ詳しい個別のページを作った。
・詳細ページを作るにあたり専門家に写真を撮ってもらった。
・送料を無料にするなど、直販のメリットを生かす工夫をしている
・ページを見た流れで、ページから直接問い合わせができる。

【活用の成果】

卸を中心に販売をしており、卸先と競合関係になってしまうことから値下げなど積極的な販売はできないものの、単純に商品の紹介ページとしてご覧になったお客様からの問い合わせがあり、実際に大きい金額の引き合いもあった。

【活用後の声】

上記の成果から、当初思っていたより多くの方に見ていただいていることが分かったので、商品の数を単純に増やすだけでなくさらに希少性の高い、オリジナルの商品の開拓をして当ホームページの充実を図りたい。

事業所情報

青年部員名 縄田親紀
商工会名 山口県 山口県央商工会
企業名 なわぞう株式会社
代表者名 縄田親紀
企業業種 輸入卸業
設立年 昭和40年
従業員数 3人

吉川ボディーワークス

【施策・政策を活用した経緯】

・補助事業実施前の販売比率はモータース等の他の業者からの下請けが7割、一般客3割であり、下請けの受注内容は単価の低い板金塗装が中心であり利益率は良くなかった。
・作業場以外の設備が無かった為、軽微なメンテナンス(オイル交換、エアコンガス交換等)の待ち時間に屋外で待たれるお客様が多く「座って待てる場所がほしい」との要望をよく伺っていた。事業所が海際で冬場は特に風が強い為「作業終了まで家に帰って待つ」という方も多く、メンテナンスをきっかけにした特殊塗装(カスタムペイント)の売り込みに関して機会損失となる事が多かった。
・特殊加工の顧客評価は高く、施工を見たお客様の商談成約率は高い。

 

【主な活用内容、方法等】

①ショールーム及び商談スペースとなるプレハブを設置する。顧客の滞在時間を増やし、施工例サンプル等を見てもらうことで、利益率の高いカスタムペイント等の特殊加工への商談成約率の向上をはかる。
②店舗位置やカスタムペイント施工例、ショールーム新設などを記載した折込広告により、近郊の新規顧客へPRを行い顧客増をはかる。

【活用の成果】

プレハブ設置後、定期メンテナンスで来られたお客様から好意的な意見を多数頂いた。お客様の待機時間のストレス軽減から、今後の商談を持ちかける際に成約率向上が期待できる。広告配布後、新規のお客様から問合せが数件来ており、集客効果を実感できる。

【活用後の声】

プレハブ設置後、定期メンテナンスで来られたお客様から、「整備中に待つ場所が出来てよかった」という声を多数頂いた。リラックスして待っていただけるので、今後商談を持ちかける際に成約率向上が期待できる。
広告配布後、新規のお客様からカスタムペイントに関する問合せが数件来ており、潜在的な顧客の掘り起こしに一定の成果があったと感じられる。
直接的な売上の向上等はまだ現れていないが、来客数が事業開始前年同期より向上しており、中長期的な売上の向上に期待している。

事業所情報

青年部員名 吉川 智幸
商工会名 山口県 岩国西商工会
企業名 吉川ボディーワークス
代表者名 吉川 智幸
企業業種 自動車整備・販売業
設立年 平成26年
従業員数 0人

南アルプス三景園オートキャンプ場

【施策・政策を活用した経緯】

当園は、『休養型(ファミリー層を中心とした長期滞在型)』の客層を多く取り入れ、徹底した客層のニーズを把握し、それにより安心して利用できるキャンプ場としての地位を確立していきたいと考えている。
過去の東日本大震災による風評被害、自粛ムード等によるレジャー産業への影響が懸念された頃は、オートキャンプにとってマイナス傾向が予想されてきたが、全国的なキャンパー人口は、ほぼ横ばい値を示しており、当園においても直近10年間における売上変動は殆んど無かった。
しかしながら、近年、アウトドア人気が回復しており、レジャーだけでなく、防災対策や家庭用としてもアウトドア用品の需要が伸びている。またスマートフォンや携帯端末等の普及により、「誰でも」、「いつでも」、 「どこでも」、簡単に情報が手に入る時代となっている。
これらを背景に、スマートフォン等の携帯端末の普及に合わせ、時代に即した販促ツール(携帯端末用ホームページ)を整備することで、パソコン用サイト以外からの誘客に繋げたいと考えていた。

 

【主な活用内容、方法等】

スマートフォン等に対応したウェブサイトを構築し、若年層(スマートフォン等利用者)向けにオートキャンプサイトの詳細情報を発信し、来園に向けた事前準備(計画)をフォローすることで、予約を促す施策を行った。
スマートフォン等の携帯端末の普及に合わせ、時代に即した販促ツール(携帯端末用ホームページ)を整備したことで、パソコン用サイト以外からの誘客に繋がり、新規顧客の獲得に期待が持てる。(新規若年層(ファミリー層)へのアプローチに寄与する)利用者の利便性が向上されたことで、当園の支持率向上を図りながら、Eメール予約の簡素化(携帯端末からの予約を可能とする)システムの導入で、重複予約の改善をはかることを目的とした。

【活用の成果】

携帯端末用の予約システムを構築したことで、文字入力等における簡素化により、利用者の利便性が高まり、更には、これまで販売機会を喪失していた新規層の獲得に繋げることが可能となった。
また、時代に即した情報発信と予約管理を行うことで、売上増加と事務の簡素化による利益率の向上に直結させ、ターゲットとするファミリー層(長期滞在型)の受注を拡大させることで、回転率を抑えた稼働率の向上が図れた。

【活用後の声】

販促活動の一環として、広報費への助成を受けることで、ホームページのリニューアルに係る投下資金の需要を補完することができた。本事業の助成により、長期計画の見直し(中短期計画への移行)を行い、新たな取り組み事案に向けた財務強化を図ることができた。

事業所情報

青年部員名 功刀 孝次郎
商工会名 山梨県 北杜市商工会
企業名 南アルプス三景園オートキャンプ場
代表者名 功刀 孝夫
企業業種 宿泊業(キャンプ場)
設立年 平成8年
従業員数 3人

茨城県 有限会社清和製作所

【施策・政策を活用した経緯】

チタンは研究用途によっては優れた特性を発揮するが、チタン加工や溶接といった技術は大変高度であり、まだまだ認知されていない素材である。このチタン製品を一般消費者等にアピールするために小規模事業者持続化補助金を活用した。弊社は“ものづくり補助金”の採択も受けており、つくば市助成金も含め様々な施策を利用させていただいている。

 

 

【主な活用内容、方法等】

持続化補助金ではチタン製の一般消費者向け製品を製作し、HPを活用してPRするとともに、展示会に出展する際のフライヤーやパンフレット作成した。これらをBtoB向けにも利用することで更なるPR効果をさせ、特に研究機関や企業関係者へPRし本業につなげる事を目指した。これらを通して弊社のチタン加工技術(放射化しにくいという特徴を持っている)を多くの方々に知っていただく一助とした。その前に利用した〝ものづくり補助金″では生産性の向上の為の工作機械(複合旋盤)を購入するために補助金を利用した。

【活用の成果】

チタン材を使った一般的な製品は非常に高価な物が多くなかなか販売数を伸ばすことは出来ないが技術力のPRに繋がり研究機関等への売り込みの材料になった。結果、チタンを使った研究用の装置の受注に繋がり、実験の結果がよくリピートの受注も頂いた。

【活用後の声】

チタンは様々な特性があり、今後はますます需要が増えてくる材料である。まだまだ、加工や溶接が非常に難しくコストがかかるためお客様からはコストダウンの要望が多い。今後は加工工程の見直しや切削速度の速い工作機械などの購入も検討し、コストダウンも視野に入れながらチタンを活かした製品の開発に取り組んでいきたいと思います。

事業所情報

青年部員名 根本 貴寸志
商工会名 茨城県 つくば市商工会
企業名 有限会社清和製作所
代表者名 根本 貴寸志
企業業種 製造業(省力化機械等)
設立年 昭和51年
従業員数 15人

群馬県 有限会社田熊造園土木

【施策・政策を活用した経緯】

当社は千代田町にて造園工事業を経営している。顧客の大半は20歳代~40歳代の新築個人住宅の造園工事である。顧客からは、「オリジナリティのある庭が欲しい」「自然と触れ合える庭が欲しい」「子供が遊んで学べる庭が欲しい」という要望が増加している。

 

【主な活用内容、方法等】

顧客との商談を重ねる中で、要望の多かったものに対し、2つの新メニューを開発した。
・生物多様性植育庭園
庭園にいながら自然の生態系が体験可能な商品である。単なる「小型の森」ではなく、見栄えの良さや手入れの容易性も兼ね備えた庭園とするとともに、各樹木に専用のQRコードを設置して来訪者がスマートフォンをかざすことで樹木の由来や特徴等を表示できるようにした。
・地球温暖化防止庭園
二酸化炭素の上昇抑制効果のあるマキの木などを中心とした樹木等を植樹する庭園である。常緑高木樹・マキ塀・緑のカーテンを設置する専用植え込みのセットであり、顧客の要望に沿って各種の種を植える無料サービスを実施した。

【活用の成果】

本取組みの優位性や各市場の有利不利を踏まえ事業を展開する事で、
5か年計画の付加価値額として、40%以上の伸び率を計上。

【活用後の声】

「経営革新計画」の申請を行い、承認を受けたことにより、経営計画を自ら考え実行していくことの重要性とその効果を実感した。申請には商工会と商工会連合会の支援を受けられるので、発想力が高く次世代を担う若手経営者である青年部員は是非計画策定してもらいたい。

事業所情報

青年部員名 田熊 祐介
商工会名 群馬県 千代田町商工会
企業名 有限会社田熊造園土木
代表者名 田熊 祐介
企業業種 造園業
設立年 平成13年
従業員数 2人