INTERVIEW

今までも これからも

岩手県 北海道・東北ブロック

坂久保 了

Ryo Sakakubo

今までも これからも

私の住む岩手県洋野町は岩手県の北東部に位置し人口1万6千人。北は青森県八戸市、南は久慈市、東は太平洋に面しており、西は九戸郡軽米町に接しています。地域面積の7割を山林が占めており、海を見渡せると同時に緑豊かな高原も一望でき、海ではサーフィン、高原ではパークゴルフと、レジャーはもちろん、海と山の特産品も両方を一度に堪能できる町です。春から夏にかけて、この地域特有のヤマセ(偏西風)に伴う濃霧が発生するため、湿度が高く日照時間が短い気象条件も特徴です。そんな素晴らしいポテンシャルを持った洋野町。ですが地域特性上、隣接する八戸市、久慈市に30分程度で行けるため仕事でも、買い物でも人が流れているのも現状です。私達青年部が地域を盛り上げ地域の大切さを子供たちに伝える。地元の魅力を発信し、伝えていく。私達は常にこの事に注力しています。

地域を支える企業に

祖父が創業して60年余り。看板屋から始まり現在では建築塗装、鋼橋塗装、防水工事と事業を拡大して日々奮闘しております。家業を継ぐと決め、地元に戻ったのが20年前。当時は全身ペンキまみれになりながら、走り回る日々でしたが、ある時、お客様に「頑張ってね」と声を掛けて頂き、今でもその言葉が、日々の励みとなっております。私が商売をする上で一番大切にしている事は、お客様との対話です。対話を通して、お客様が何を求めているのか、何が必要か、自社にしか出来ないどんな付加価値を生み出していけるかを創造しています。もし、私が対応出来ない要望があったとしても青年部の仲間に相談すれば解決できます。逆もしかりで、どんどん繋がります。これからも青年部のパワーを自社の事業でもフル活用し、感謝を忘れず、青年部と共に地域を牽引する企業を目指していきます。

必要とされる為に

私達、洋野町商工会青年部は現在26名で活動しています。自社の経営はもちろん、青年部活動、ほとんどの部員が消防団、PTA、地域の役員と、時間が限られる中忙しい毎日を過ごしています。いつでも私達青年部は地域にとって必要不可欠な存在なのです。最近、急激な少子高齢化の波が我が町にも押し寄せて、特に子供の数が悲しくなるほど減ってしましました。ですが、私達は子供たちに夢や希望を持って地域を好きになってもらえる活動をしなければなりません。子供たちに憧れてもらえる様な、カッコいい青年部を目指して日々もがき苦しみ、自己成長、地域の魅力を発信し続けます。青年部活動では色々な人達と出会うことが出来ます。情報交換出来ます。そして様々な思いを感じる事が出来ます。経営者として、地域の一員として、地域に必要とされる青年部員として成長する事が出来るなら、それが一番の地域貢献ではないでしょうか。

事業所情報

商工会名
洋野町商工会青年部
企業名
坂久保塗工株式会社
青年部員名
坂久保 了
代表者名
坂久保 了
企業業種
塗装 防水業
設立年
昭和36年 平成29年5月事業承継に伴い法人化
従業員数
4名
URL