青年部の主張

第20回商工会青年部全国大会 広島大会

開催日:平成30年11月21日(水)~22日(木)

【開催趣旨】

商工会青年部とは商工会の内部組織であり、商工業の発展、地域振興の発展、組織の活性化、町づくりなどを目的とした若手経営者、後継者団体である。
時代の変化、思考の変化が目まぐるしくおこるこの時代において、現役世代、責任世代として今何が出来るのか。
1945年原爆が投下され、多くの犠牲者と共に全てが灰になったあの日から、広島県民は手を取り合い、支え合って復興し、多くの観光客で賑う平和の町となった。
そこには故郷に対する想い、犠牲者に対する想いそして残された者たちの想いが繋がれてきた。
広島県商工会青年部は、この想いを引き継ぎ、伝えて行く。
そのためにも『故郷、家業の継続、発展』『イノベーション思考の推進』『繋がりの創出』『知識、情報の共有』『次代への準備』の必要性を全国に伝え、
『青年部としての理念を元にした新しいチャレンジ』を感じ、持ち帰って頂きたい。
その為に青年部として本来の理念を持った上で全国大会を根本から見つめ直し、新たなチャレンジをおこない、全国何処でも全国大会が開催出来ることを目標とする。
沖縄の地で架けられた『かけはし』、単会、県、ブロック、全国このすべてが垣根を越え、近い存在としてお互いが循環していく。
大会スローガン『○~和我技笑話環~』のもと、地域、家業そして青年部のあるべき姿を見つめ直し新たな次代に繋いでいく為に商工会青年部全国大会を開催します。

【大会スローガン】

「○~和我技笑話環~」

“○”は“WA”と発音し、全国の構成ブロック数と大会カリキュラムにちなんで6つの“わ”の漢字をあてる。

平和への想い そして家族、家業への想いが1つになること
我が町、我が仕事が発展継続する為に支えあい、助け合うこと
商人としての技を磨き続けること
笑顔になれる同世代、同じ悩みを持つ仲間と出会うこと
様々な話を聞き、気づきを得て成長すること
地域や仲間に循環していくこと

過去の全国大会

第19回商工会青年部全国大会(沖縄大会)

開催日:平成29年11月21日(火)~22日(水)
≪主張発表動画≫

九州ブロック代表
鹿児島県姶良市商工会青年部
古郡 豪人
中国四国ブロック代表
岡山県備中西商工会青年部
坪井 健太郎
近畿ブロック代表
京都府南丹市商工会青年部
樋口 佑紀
中部ブロック代表
愛知県渥美商工会青年部
三浦 大輔
関東ブロック代表
栃木県佐野市あそ商工会青年部
松林 真弓
東北北海道ブロック代表
北海道増毛町商工会青年部
高畠 鉄平

商工会青年部・女性部全国組織化50周年式典 商工会青年部全国大会(福島大会)

開催日:平成28年11月8日(火)~9日(水)
≪主張発表動画≫

九州ブロック代表
福岡県粕屋町商工会青年部
石津 聖彦
中国四国ブロック代表
愛媛県しまなみ商工会青年部
渡邊 秀典
近畿ブロック代表
兵庫県豊岡市商工会青年部
谷垣 賢司
中部ブロック代表
岐阜県下呂市商工会青年部
佐々木 さち
関東ブロック代表
新潟県吉川商工会青年部
矢澤 雄一郎
東北北海道ブロック代表
宮城県南三陸商工会青年部
及川 善弥

第17回商工会青年部全国大会(兵庫大会)

開催日:平成27年11月10日(火)~11日(水)
≪主張発表動画≫

九州ブロック代表
宮崎県中郷商工会青年部
渡会 真也
中国四国ブロック代表
広島県広島安佐商工会青年部
竹本 浩
近畿ブロック代表
滋賀県東近江市商工会青年部
青山 大地
中部ブロック代表
石川県森本商工会青年部
鷹箸 直樹
関東ブロック代表
埼玉県吉川市商工会青年部
小林 寿朗
東北北海道ブロック代表
青森県七戸町商工会青年部
中畑 一

第16回商工会青年部全国大会(新潟大会)

開催日:平成26年11月12日(水)~13日(木)
≪主張発表動画≫

九州ブロック代表
鹿児島県霧島市商工会青年部
久木田 大和
中国四国ブロック代表
香川県小豆島町商工会青年部
柴田 祐貴
近畿ブロック代表
兵庫県丹波市商工会青年部
山本 麻那美
中部ブロック代表
石川県森本商工会青年部
小杉 百恵
関東ブロック代表
茨城県大子町商工会青年部
関 哲
東北北海道ブロック代表
宮城県七ヶ宿町商工会青年部
山田 岳彦